お金が必要になって不動産担保ローンを検討した話

子供を私立中学に入れたいけど…

不動産担保ローン | 不動産融資はアサックス

子どもが大きくなるにつれて、進路について検討する機会が増えてきました。
自分は会社を辞めてしまったので、決して裕福な家庭とはいえません。
しかし子どもの将来を考えると無理をしてでも、私立中学に行かせてあげるべきと考えるようになったのです。
身体的に問題があったので、公立中学では内申点を取るのに苦労するのが目に見えていました。
それで私立中学への進学を本格的に検討しはじめたところ、予想以上にお金がかかることが判明してとても困ったことを覚えています。
進学のための塾代だけで200万円かかり、進学後も中学だけで400万円かかると知って驚きました。
その時まで100万円を超える出費があったのは、マイホームを購入したときぐらいです。
マイホームを購入して経済的に余裕はなくなっていたことも関係していますが、すぐに出せる金額ではなくどうすれば良いのか迷ってしまいました。
そこでまず考えたのは親に相談することです。
子どもの教育費に関しては、祖父母からの贈与は免税される法律があると知っていたからです。
しかし結局親に援助してもらうことは叶いませんでした。

2人とも大きな病気を患っており、これからの生活に使う資金に関して心配をしていたのです。
援助をお願いできるような雰囲気ではありません。
したがって自分たちだけで何とかする必要がありました。
とはいえ自分たちの手札は非常に限られています。
具体的にはお金を借りることしか残されて手はありません。
学生時代に奨学金を借りて多額の借金を背負った経験があるので、あまり気は進みませんが背に腹は代えられないです。
何とかお金を借りられる方法を模索しはじめたのです。

子供を私立中学に入れたいけど… / 不動産担保ローンのデメリット